×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

マジすか学園は女版「ROOKIES」

メンバーたちがヤンキーに扮して繰り広げる学園ドラマで、女版「ROOKIES」「クローズ」ともいえる作品。主演の前田敦子(18)は「普段の私たちとは全く違うAKB48がお見せできると思います」とPRした。

マジすか学園 内容は?

アイドルグループ、AKB48が3日、来年1月8日スタートのテレビ東京系新ドラマ「マジすか学園」(金曜深夜0・12)の制作発表を都内で行った。荒れた女子高の勢力争いを描く学園ドラマで、AKB48、妹分のSKE48、SDN48のメンバーが総出演する。前田敦子(18)は「普段とまったく違うものが見られると思う」、大島優子(21)は「殴り合いのシーンは難しくて、みんなと仕事の合間に練習しています」と気合十分。

マジすか学園 出演者は?

人気アイドルグループ「AKB48」と、作詞家の秋元康氏(53)が3日、都内でテレビ東京系新番組『マジすか学園』の会見を行った。新番組は秋元氏が企画・原作を担当する学園ドラマ。AKB48のメンバーが“ヤンキー”役を演じ、本格アクションにも挑戦。

主演の前田敦子(18)は「普段とは全く違う姿を見せられるように頑張ります」。秋元氏は「この中には元ヤンキーがいると思う。昔がバレないように下手に演技する人が、本物のヤンキーです」と笑顔で話した。

マジすか学園とは?

マジすか学園とは、テレビ東京で放送されるAKB48のメンバーが出演するドラマの事です。
学園ドラマと言うものの、荒れた学校の勢力争いということで、本格アクションもありだそうです。

企画は秋元康氏。